Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Ducati Team

1番手発進を決めたドビツィオーソ「フィーリングが良くない」

8月19日に実施したプライベートテストと異なるコンディションに直面したが、開幕戦以来となる初日連続の1番手発進。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1で今季4度目の1番手発進。フリー走行2は、4度のコースインで21ラップを周回すると、1分33秒台を4回、1分32秒台を1回記録して、今季17度目の最速時計を刻み、3戦連続5度目となる初日総合1番手に進出した。

「テストを実施した時とは、全く異なるコンディションだった。グリップのレベルが全く違う。リアタイヤの動作はストレンジだから、フリントタイヤに影響をもたらす。全くテストの時とは違ったから、明日に向けて変更が必要だ。」

「僕たちはスピードがあるけど、バイクのフィーリングは良くない。ライバルたちのスピードを理解するために検証が必要。あまりフィーリングが良くなかったけど、ラップタイムが良かったことが嬉しい。全体的にバイクは昨年よりも良い」と、1番手発進も複雑な心境を打ち明けた。

ドビツィオーソ「速かったことは嬉しいけど、フィーリングは良くない」

特別価格で提供中の『VideoPass』では、92年の開幕戦日本GPから18年第12戦イギリスGPまでオンデマンドで配信。第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPから最終戦バレンシアGPまで生中継を提供。