Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By LCR Honda CASTROL

表彰台を獲得したクラッチロー「チームのために全力を尽くすことはナイスだ」

3戦連続8度目となるインディペンデントチームライダー勢の最高位に進出して、総合1位に再浮上。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、2列目6番グリッドから7.269秒差の3位に入り、第2戦アルゼンチンGP以来今季2度目の表彰台を獲得。総合8位から6位、インディペンデントチームライダー部門の総合3位から1位に飛び出した。

「チームのグランプリで表彰台を獲得できて嬉しい。僕のホームだったシルバーストンで走れなかったのは残念だったけど、チームのために全力を尽くすことはナイスだ。この数年間、ミサノでは難しい展開が続いていたけど、ホンダは素晴らしい仕事をしてくれた。ロレンソの転倒がアドバンテージとなったのは確かだけど、それは重要ではない。僕たちは週末を通じて素晴らしい仕事をした。」

「グッドなペースがあったけど、ビニャーレスの後ろで引っ掛かってしまったから、上位陣に食らいつくことができなかった。リンスとのバトルが続くと考えたけど、ペースを刻むことができ、マルケスとロレンソを接近できるようにトライしたけど、ギャップを詰め切れなかった。」

「ホンダはドゥカティのようなグリップがない。ヤマハはプッシュできるタイヤを履いた。僕はコーナーの進入が良く、そこで挽回したけど、リアのグリップが必要だ。インディペンデントチームライダー勢のトップに返り咲いたことが嬉しいけど、目標はトップ5入り。その目標を達成するために仕事を続けよう」と、決勝レースを振り返り、総合5位との5ポイント差に挑戦することを宣言した。

クラッチロー「レースに全てを尽くした」

特別価格で提供中の『VideoPass』では、92年の開幕戦日本GPから18年第12戦イギリスGPまでオンデマンドで配信。第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPから最終戦バレンシアGPまで生中継を提供。