Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

KTMがカリオとの契約を更新

初めての4台体制を前に、16年から4年連続して開発作業に専従。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングは20日、35歳のフィンランド人ライダー、ミカ・カリオとの間で19年のテストライダーに関して合意。プロトタイプマシンRC16の開発を継続することになった。

今季は5度のワイルドカード参戦を予定。3度目の参戦となった第9戦ドイツGPで転倒を喫した際に右膝靭帯を損傷したことから、フィンランドの首都ヘルシンキ市内の病院で手術を受け、リハビリに専念。KTM・インダストリー・AGの最高経営責任者であるピーター・ピエラは、ホームグランプリとなった第11戦オーストリアGPで開いたプレスカンファレンスで、カリオの継続起用を明言していた。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPから最終戦バレンシアGPまで生中継とオンデマンドで配信。