Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Movistar Yamaha MotoGP

初日総合9番手のロッシ「奇跡だけだ」

最後の優勝は昨年6月の第8戦TTアッセン。今季中の優勝に対して悲観的な考えを明かす。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第14戦アラゴンGPのフリー走行1で7番手。フリー走行2は、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分49秒台を6回、1分48秒台を1回記録して、トップタイムから1.119秒差の初日総合9番手だった。

「奇跡だけが僕たちに今年中の優勝をもたらしてくれるだろう。精神面から見れば、これは難しい状況だけど、辛抱強くなり、将来に向けて仕事を取り組むしかできない。今日もいつもと同じ問題。数ラップ後にリアのグリップが大きく落ちてしまう。僕の仕事は、ヤマハに何をすべきかを指示するのではなく、ライダーが感じる問題を説明することなんだ。」

「歴史的にアラゴンはミサノ以上に苦しむ。難しい週末になることから、トップ10以内を維持することが非常に重要だ。僕たちのパフォーマンスは最高ではない。上位陣とのギャップは大きい。集中力を維持し、全ての細かい仕事に取り組む必要がある。可能な限り良い結果を獲得するためにトライしよう」と、初日を振り返り、巻き返しに向けて仕事の継続を約束した。