Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「ヤマハを信じる、信じなければいけない」

公式予選1の低速走行でグリッドポジションを降格したが、10位まで巻き返して、同点総合4位。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで5列目14番グリッドから10位。6ポイント差だった総合4位とのギャップを0ポイント差まで挽回した。

「目標を失ってしまった。何を望んでいいのか分からない。バイクの上でのフィーリングは最悪。フリー走行4で掴んだ1分48秒台のペースで走れなかった。同じタイヤを履いたけど、そのペースで走るのは不可能だった。これからアジア遠征を迎えるけど、早く終わって欲しい。モチベーションはゼロ。期待度もゼロ。」

「誤った期待感を膨らんでしまうから、もしかしたら、テストをしない方が良いかもしれない。根本的にいつも通りの展開。ホンダとドゥカティだけでなく、ヤマハのサテライトを比べて電子制御が悪い。ヤマハを信じる。信じなければいけない。彼らは懸命に働いていることを知っている。僕は全力で働くだけだ」と、決勝レース直後に心境を語った。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPのオンデマンドと第15戦タイGPから最終戦バレンシアGPまでの生中継を配信。