Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By Repsol Honda Team

ペドロサ「ソフトだったら優勝、表彰台争いができただろう」

オフィシャルテストで総合1位に進出した次戦を前に今季のベストリザルトタイを獲得。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで2列目6番グリッドから今季の最高位タイとなる5位に進出。第5戦フランスGPの7.419秒差、第7戦カタルーニャGPの10.640秒よりも速い、5.274秒差でフィニッシュした。

「これまでのレースよりも戦闘的になれ、トップグループに近づけた。タイヤ選択がカギだったと思う。僕のライディングとペースは良かったから残念だったけど、グリップがなかった。リアタイヤはセッションの時と同じグリップがなかった。もしかしたら、ソフトタイヤの方が合っていたかもしれない。」

「1周ごとに、コンマ数秒ほど遅れてしまい、前のライダーたちに食らいついて行くことができなかった。今日は優勝、表彰台争いができたかもしれない。ステップ・バイ・ステップで良くなっている。次戦でさらに速く走りたい」と、決勝レースを振り返り、初開催となる次戦タイGPに期待を膨らませた。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPのオンデマンドと第15戦タイGPから最終戦バレンシアGPまでの生中継を配信。