Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

今季最高位を獲得したエスパルガロ兄「自信をもたらしてくれる」

ミサノで実施したプライベートテストの成果を発揮するように1年ぶりに6位を獲得。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで5列目13番グリッドから9.396秒差の6位。昨年の開幕戦カタールGP(7.661秒差)と第14戦アラゴンGP(6.962秒差)に続く、アプリリアの復帰後最高位タイを獲得して、総合18位から17位に浮上した。

「序盤の5ラップがレースのカギだった。エクセレントなスタートを切った後、直ぐに速く走れることができ、トップグループを視野に入れながら、ペドロサと一緒に走った。終盤にタイヤの消耗はマネージメントしなければいけなかったから、直ぐにプッシュした。」

「僕たちにとって重要な結果だ。嘗てないほどに懸命に働いている。高いモチベーションを維持している。アプリリアは休みなく懸命に働いているけど、プロセスはそう簡単ではない。グッドなリザルトを獲得した後で、期待を膨らますことはできない。アラゴンは、僕にとって最高のトラックかもしれないけど、決定的に自信をもたらしてくれる。」

「バイクのセットアップと週末のマネージメントに関して、仕事の手段を変更。レースに焦点を当て、ジオメトリーに改革をもたらした。まだ満足できない。常に、そして容易に速くなる必要があるから、最善の努力を続けて行く必要がある」と、好結果を喜ぶと同時に仕事の継続を約束した。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPのオンデマンドと第15戦タイGPから最終戦バレンシアGPまでの生中継を配信。