Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By Repsol Honda Team

72ポイント差のマルケス「走ることに集中」

2月に初開催されたオフィシャルテストで最速ペース、最多周回数を記録。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、ホームレースとなった前戦アラゴンGPで今季6勝目を挙げ、総合2位とのアドバンテージを72ポイント差に拡大した後、モーターランド・アラゴンに延滞して、プライベートテストを実施。

今週末は、2月のオフィシャルテストで最終日に転倒を喫したが、連続20ラップのロングランを含む最多の96ラップを周回して、1分30秒台を最多の31回記録。

3日間合計で参加者最多の271ラップ、10.4レースに相当する距離を周回して総合3番手に進出したチャーン・インターナショナル・サーキットで、3年連続5度目、通算7度目のタイトル獲得に向けて、アドバンテージの拡大を目指す。

「タイで初開催だからエキサイティングだろう。沢山のファンがスタンドを埋め尽くしてくれる。それはナイスなことだ。とにかく、僕たちは冷静になり、集中力を維持して、週末をマネージメントしなければいけない。ここまでと同じ手段で仕事をする必要がある。」

「2月のテストは良かったけど、金曜の最初のセッションから全ての詳細を確認する必要がり、トラックの一部は攻略が難しいけど、全体的にはナイス。高温多湿だから身体面に厳しくなるけど、バイクの上で全てを忘れ、走ることに集中しなければいけない」と、週末に対する取り組む姿勢を説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルク・マルケスのクラッシュ

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第15戦タイGPのプレスカンファレンスから決勝レース後のプレスカンファレンスまで生中継で配信。