Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Team Trentino Gresini MotoE

グレシーニ・レーシング、トレント自治県とのコラボを発表

FIM Enel MotoE™ World Cup参戦に向けて、2年間軽量級で起用したフェラーリを起用。

Tags MotoGP, 2018

グレシーニ・レーシングは、19年に初開催するエレクトロニックバイク、『エネルジカ・エゴ・コルセ』を使用した『FIM Enel MotoE™ World Cup』に向けて、13年から3年間軽量級に参戦した後、16年からイタリア選手権のスーパーバイククラスに参戦する21歳のイタリア人ライダー、マティオ・フェラーリを起用することを発表した。

14年から2年間、同チームに所属した経験があるフェラーリは、参戦3年目のスーパーバイククラスで2勝を含む8度の表彰台を獲得して総合2位に進出。ドゥカティのテストライダー、ミケーレ・ピロとタイトル争いを繰り広げている。

同チームは、同時にトレンティーノ=アルト・アディジェ特別自治州のトレント自治県から支援を受け、チーム・トレント・グレシーニとして参戦することを発表した。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第15戦タイGPをオンデマンドで配信。第16戦日本GPから最終戦バレンシアGPまでライブ配信で提供。