Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

7位のビニャーレス「失望以上だけど、自分を信じる」

昨年2年連続の表彰台を獲得したフィリップアイランドでの仕切り直しを誓う。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、前戦タイGPで今季4度目の表彰台を獲得した手応えを持って、第16戦日本GPに乗り込み、初日のフリー走行1で5番手発進。決勝レースでは、3列目7番グリッドから13.330秒差の7位でフィニッシュ。

総合3位とのギャップが26ポイント差から30ポイント差に拡大。総合5位とのアドバンテージが16ポイント差から7ポイント差に詰められた。

「失望以上。今シーズンの多くのレースと同じようなレースになってしまった。良い週末にならなかった。初日は強い始まり。グッドなグランプリになると考えたけど、レベルが下がってしまった。」

「この瞬間、僕たちはしっかりしなければいけない。次戦に向けてバイクが走れるように追求しなければいけない。この状況の中からポジティブなことをチームと一緒に引き出し、同じようなことを繰り返さないようにしよう。」

「数人のライダーたちが転ばなければ、僕は11位だっただろう。これを受け入れるのは難しいけど、自分を信じる。自分の可能性を把握している。どこに行けるか分かっているから、仕事を続けなければいけない」と、週末を振り返り、前向きな姿勢を次戦に挑むことを強調した。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第16戦日本GPをオンデマンド配信。次戦オーストラリアGPを生中継で提供。