Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By motogp.com

コーク・バリントンが殿堂入り

中量級で2度のダブルタイトルを獲得した南アフリカ出身のバリントンが28人目のレジェンドとして、フィリップアイランドで殿堂入り。

ドルナスポーツは26日、第17戦オーストラリアGPの開催地、フィリップアイランド・サーキットのプレスカンファレンスルームで、1978年から2年連続して、250ccクラスと350ccクラスを連覇した南アフリカ人ライダー、コーク・バリントンを28人目のレジェンドとして、殿堂入りするセレモニーを行った。

76年5月、ムジェロで開催されたネイションズGP(350ccクラス)でデビュー。同年9月、バルセロナのモンジュイックで開催された市街地レースの最終戦スペインGP(350ccクラス)で初優勝。78年からカワサキのファクトリーチームから22クラスにフル参戦を開始すると、1年目に250ccクラスで4勝を含む8度の表彰台、350ccクラスで6勝を含む9度の表彰台を獲得して、両クラスでタイトル獲得。

2年目は、250ccクラスで7勝を含む9度の表彰台、350ccクラスで5勝を挙げて、2年連続して両クラスを連覇することに成功。80年は250ccクラスと500ccクラス、81年と82年には500ccクラスに参戦。通算88戦に出走した。

「何という機会でしょう。これは大変素晴らしいことです。大変名誉なことです。ランディ・マモラが祝福に来てくれました。彼は私の友愛であり、友人たちに囲まれています。27人のファンタスティックなライダーたちと並ぶことは、それだけで名誉なこと。特権です」と、バリントンは感動の言葉を語った。

Support for this video player will be discontinued soon.

コーク・バリントンのキャリア

Support for this video player will be discontinued soon.

コーク・バリントンの殿堂入りセレモニー

レジェンド
ジャコモ・アゴスチーニ
ウェイン・レイニー
マイク・ヘイルウッド
ケビン・シュワンツ
アンヘル・ニエト
ミック・ドゥーハン
カルロ・ウビアリ
ケニー・ロバーツ
アントン・マング
ワイン・ガードナー
ジェフ・デューク
バーリー・シーン
フィル・リード
ジョン・サーティース
加藤大治郎
ジム・レッドマン
エディ・ローソン
フレディ・スペンサー
ヤーノ・サーリネン
ケーシー・ストーナー
マルコ・シモンチェリ
ニッキー・ヘイデン
アレックス・クリビーレ
フランコ・ウンチーニ
ケニー・ロバーツ・ジュニア
マルコ・ルッキネリ
ランディ・マモラ
コーク・バリントン