Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Repsol Honda Team

5年連続PPのマルケス、2年連続優勝は「イアンノーネ次第」

リスクを回避する予定だったが、瞬時の決断でアタックを仕掛けて、最速時計を記録。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第17戦オーストラリアGPの公式予選で週末2度目、今季35度目のトップタイムをマーク。今季6度目、最高峰クラスで51度目、フィリップアイランド・サーキットで14年から5年連続6度目、キャリア通算79度目のポールポジションを獲得した。

初日6番手と7番手。2日目はフリー走行3で週末2度目、今季20度目の転倒を喫したが1番手に浮上。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで16ラップを周回すると、1分30秒台を8回記録して6番手。

「リスクを冒したくなかった。計画は3ラップだったけど、雨が止んだのを確認して走り続けることを決断。全力でアタックした。最後のコースインの際に雨が少し降っていたから、リスクを冒さないことを改めて決断した。」

「全てがイアンノーネ次第。彼が勝利を望めば、僕たちは勝つことができないだろう。もし彼が今日のような走りをすれば、勝つのは彼だ。しかし、明日は違う一日となる。今日と同じようになる必要はない。僕たちの改良が進み、もし彼がそれほど改良しなければ、オプションがあるだろう。」

「昨年は僕たちが一歩抜き出ていたけど、もしかしたら、今年はイアンノーネが一歩抜き出ているかもしれないけど、あと2人、3人いる。レースのマネージメントとタイヤチョイスは難しい」と、予選を振り返り、アンドレア・イアンノーネが優勝候補の筆頭だと説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

1

マルク・マルケスのポールポジションラップ

Support for this video player will be discontinued soon.

マルケス「雨が止むのを待っていた」

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第16戦日本GPをオンデマンド配信。第17戦オーストラリアGPを生中継で提供。