Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

マルク車に激突したザルコ「時速300kmぐらい。怖かった」

今季2度目の転倒リタイアを振り返り、残り2戦で巻き返すことを誓った。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、第17戦オーストラリアGPの決勝レースで1列目3番グリッドから6ラップ目の1コーナーでマルク・マルケス車と接触。今季7度目となるハードクラッシュで、第5戦フランスGP以来今季2度目の転倒リタイアを喫した。

「フィーリングが嬉しい。グッドなオーバーテイクがあり、数ラップ後にはフィーリングがさらに良くなり、最終コーナーを上手く立ち上がって、マルク・マルケスのスリップストリームについた。彼はジャック・ミラーのスリップストリームについていた。マルクはジャックを抜かず、左側に寄って来たけど、そこには僕がいた。すごく速かった。時速300キロメートルぐらいでブレーキをかけようとしたところで、マルクのリアに激突し、飛ばれされてしまった。」

「ビックなクラッシュだった。左側の肋骨が少し痛いけど、骨折はない。僕は大丈夫。これが大事なこと。転倒は非常に速く、芝の上で滑ったことで救われた。非常に速かったから、とても怖かった。」

「もし、レースを終わらせていたら、インディペンデントチームライダー部門において、重要なポイントを獲得していたかもしれないから残念。完走できなかったマルクに申し訳ない。戦闘的なバイクを準備してくれたチームに感謝したい。ミスを犯してしまったから、残り2戦で補う必要がある」と、転倒を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

ザルコ&マルケスがクラッシュを説明

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第17戦オーストラリアGPをオンデマンドで配信。次戦マレーシアGPと最終戦バレンシアGPを生中継で提供。