Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Ducati Team

今季の最高位を獲得したバウティスタ「このバイクを恋しく思うだろう」

デスモセディチGP18に乗り換えて、週末3度の転倒を喫した後に今季初めて表彰台争い。

ドゥカティ・チームからホルヘ・ロレンソの負傷代役に抜擢されたアルバロ・バウティスタは、第17戦オーストラリアGPの決勝レースで4列目12番グリッドから4.072秒差の4位。初めてデスモセディチGP18を走らせて今季の最高位に進出し、総合12位から11位に浮上した。

「ドゥカティはこのリザルトを獲得するために僕を招集した。当然、マレーシアではこのバイクを恋しく思うだろう。3度の転倒で自信を失いそうになる厳しい週末だった後で、とてもポジティブなレースとなった。」

「集中して、リラックしてレースに臨み、目標を設定せずに、デスモセディチGPを楽しく走らせた。序盤に上位陣と闘えるところが見え、接触が激しかったけど、前を走るライダーたちを次々に抜いて行った。ラスト2ラップのところで、ギアを間違えてしまい、表彰台争いのオプションを失ってしまった。」

「今週末はギアの間違いを何度も起こしてしまった。いつも走らせているバイクとは接触感が違うから、すごく苦労した。あのミスがなければ、表彰台にチャレンジしていただろう。」

「バイクはライダーのポテンシャルを証明することに役立つ。今の最高峰クラスはちょっとした詳細が結果を左右する。今週末は僕のクルーよりも4人も多かった。それに、シンプルに戦闘的なバイクで良く走った。僕は自分の能力を誰かに証明する必要はない。僕を信じてくれたドゥカティに感謝したい」と、今季のベストレースを振り返った。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第17戦オーストラリアGPをオンデマンドで配信。次戦マレーシアGPと最終戦バレンシアGPを生中継で提供。