Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By motogp.com

決勝レース:元軽量級王者同士の対決をビンダーが制す

タイトルを争うオリベイラは11位、バグナイアは12位。長島は13位でフィニッシュ。

第17戦オーストラリアGPの決勝レースは28日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、5番グリッドからスタートした総合3位のブラッド・ビンダーが優勝。第14戦アラゴンGP以来今季3勝目、キャリア通算10勝目を挙げた。

気温13度、路面温度35度のドライコンディションの中、14番グリッドのジョアン・ミルは、0.036秒差の2位。第9戦ドイツGP以来今季4度目の表彰台を獲得すれば、3番グリッドのチャビ・ビエルゲは、0.949秒差の3位に入り、第2戦アルゼンチンGP以来今季2度目の表彰台。

13番グリッドのアウグスト・フェルナンデェスは、自己最高位となる4位。7番グリッドのルカ・マリーニ、4番グリッドのドミニケ・エガーター、9番グリッドのアレックス・マルケス、10番グリッドのイェスコ・ラフィンが続き、2番グリッドのマルセル・シュロッターは、ウォームアップの直前にマシンがストップ。最後尾からのスタートを強いられたが9位まで挽回。 6番グリッドのファビオ・クアルタラロは10位。

タイトル争いを繰り広げる20番グリッドのミゲール・オリベイラは11位。16番グリッドのフランセスコ・バグナイアは12位。

21番グリッドの長島哲太は、9.725秒差の13位に入り、4戦連続7度目のポイント圏内に進出。

ポールポジションのマティア・パシーニは、2ラップ目に週末2度目、今季14度目の転倒。11番グリッドのロレンソォ・バルダッサーリは、トップグループ内で走行中にコースアウトから今季13度目の転倒リタイア。

チャンピオンシップは、総合1位バグナイアと総合2位オリベイラのギャップが37ポイント差から36ポイント差に詰まった。

Support for this video player will be discontinued soon.

Moto2™クラス‐決勝レース‐ハイライト

Support for this video player will be discontinued soon.

Moto2™クラス‐決勝レース

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第17戦オーストラリアGPをオンデマンド配信。