Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By motogp.com

デル・コンカ・グレシーニがチーム部門を制覇

コンストラクター部門は、ホンダが2年連続3度目のタイトル連覇に王手。

軽量級のライダー部門は、第17戦オーストラリアGPを終え、総合1位ホルヘ・マルティンが総合2位マルコ・ベツェッキに12ポイント差のリード。残り2戦50ポイント差のタイトル争いにおいて、マルティンが次戦マレーシアGPでタイトル獲得に挑戦する。

コンストラクター部門は、ホンダがKTMに41ポイント差。次戦マレーシアGPでホンダ勢の1台が7位以上に進出すれば、Moto3™クラスで2年連続3度目、軽量級で通算18度目のタイトル獲得となる。

今季新設されたチーム部門は、残る2戦90ポイントのタイトル争いにおいて、総合1位マルティンと総合3位ファビオ・ディ・ジャンアントニオの体制を誇るデル・コンカ・グレシーニが総合2位ベツェッキと総合8位ヤコブ・コーンフィールを起用するプステルGPに対して、92ポイント差のアドバンテージを広げたことから初代チャンピオンに輝いた。

コンストラクター部門
1. ホンダ: 356ポイント
2. KTM: 315ポイント(−41)

チーム部門
1. デル・コンカ・グレシーニ: 410ポイント
2. プステルGP: 318ポイント(−92)
3. レオパード・レーシング: 281ポイント(−129)
4. アンヘル・ニエト・チーム: 176ポイント(−234)
5. エストレージャ・ガリシア・0,0: 164ポイント(−246)

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第17戦オーストラリアGPをオンデマンドで配信。次戦マレーシアGPと最終戦バレンシアGPを生中継で提供。