Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

公式予選1で6番手のロッシ「非常に難しい、非常にタフだ」

アルゼンチン、オーストリア、アラゴンに続き、今季4度目の公式予選1で6番手。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、最終戦バレンシアGPの公式予選1でトップタイムから1.070秒差の6番時計。明日の決勝レースを6列目から迎える。

「各レースで1台のヤマハだけが速いようだ。フィリップアイランドではマーベリック、セパンでは僕が速かった。非常に難しい。非常にタフだ。初日はウェットで快適だったから、トップ10以内に進出できると楽観的だった。序盤にプッシュして、クラッシュしてしまったけど、十分に速くなかったから、公式予選2に直接進出できなかった。」

「その後にコンディションが変り、ドライになった。午前から午後にバイクを変更したけど、現実的には良い感じが得られず、100%でプッシュできなかった。公式予選1の最後にラップタイムが良くなったけど、公式予選2に進出するには十分ではなかったから、後方からのスタートを強いられる。これはいつも難しい。もし雨が降れば、水しぶきが舞い上がるからさらに難しくなる。」

「この2年間は、ヤマハの時代で最もタフだった。06年、07年のような困難な時期を過ごしたけど、最終的には速く走れるようになった。仕事をしないと。全力を尽くさないといけない。予報では天候が非常に悪いようだから、明日のコンディションを確認する必要がある」と、厳しい表情で2日目を振り返った。

VideoPass』では、最終戦バレンシアGPの決勝レースとサーキット・リカルド・トルモで開催されるオフィシャルテストを生中継で提供。