Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Ducati Team

1列目確保のドビツィオーソ「何か起きてもおかしくない」

バレンシアで軽量級3年目の04年以来14年ぶりとなる1列目に進出。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、最終戦バレンシアGPの公式予選2でポールポジションタイムから0.080秒差の3番時計。明日の決勝レースを今季7度目の1列目から迎える。

「午前中に期待通りに前進を果たしたけど、路面はあまり濡れていなかった。明日、大雨となれば、どうなるか分からない。通常バレンシアでは苦戦するけど、今週末は上手く行っている。幾つかミスを犯してしまい、もう少し速く走ることができたけど、レースのことを考えている。雨が降る場合の戦闘力が分からない。」

「正直、何が起こるか分からない。周回数が短縮されたことはポジティブだけど、27ラップはまだ長すぎる。」

「ドライでは、マルクが飛び抜けている。ウェットでは、僕たちは彼と同じペースで走れているけど、27ラップでは何か起きてもおかしくない。もし、水が溜まらなければ、いろいろなことが起こるだろう。路面はグリップがあるけど、アクアプレーニングが発生してしまうから、決して簡単ではない」と、コンディション次第では混戦になることを予想した。

Support for this video player will be discontinued soon.

ドビツイオーソ「明日は何かが起こるかもしれない」

VideoPass』では、最終戦バレンシアGPの決勝レースとサーキット・リカルド・トルモで開催されるオフィシャルテストを生中継で提供。