Tickets purchase
VideoPass purchase
News
30 days 前
By Kiefer Racing

キーファー・レーシングがトゥロヴィッチの起用を発表

中量級145戦のエガーターの後任に若干18歳のドイツ人ライダーを抜擢。

キーファー・レーシングは20日、FIM国際モーターサイクリズム連盟が最終戦バレンシアGPの週末に発表した暫定エントリーリストに掲載されていたルーカス・トゥロヴィッチを19年シーズンに起用することを発表した。

Moto2™欧州選手権で総合8位に進出する18歳のドイツ人ライダーは、第4戦スペインGPと第5戦フランスGPにドミニケ・エガーターの負傷代役として招集された経験があり、最終戦バレンシアGPでは、第17戦オーストラリアGPで左手首を骨折したステファノ・マンジの代役としてフォワード・レーシングから参戦していた。

Moto2™欧州選手権から19年シーズンにレギュラーライダーとして昇格するは、総合4位のアウグスト・フェルナンデェスと総合5位のディマス・エッキ・プラタマに続いて3人目。18年王者のイェスコ・ラフィンと総合3位のエクトル・ガルソは、MotoE™ワールドカップに参戦する。

VideoPass』では、サーキット・リカルド・トルモで開催されるオフィシャルテストを生中継で提供。