Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Angel Nieto Team

レインで1番手に進出したディクソン「次の目標はドライで1番手」

英国選手権で総合2位に進出したブリティッシュライダーが初参戦に向けてテストを開始。

アンヘル・ニエト・チームから中量級に初参戦する22歳のイギリス人ライダー、ジェイク・ディクソンは、3年目の英国選手権スーパーバイククラスで総合2位を獲得した後、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催されたオフィシャルテストに初参加。

15年に参戦した英国選手権スーパースポーツクラスでトライアンフ675を走らせ、総合3位に進出した経験を活かして、トライアンフ製の765ccエンジンを搭載したKTMを初試乗。3日間で75ラップを周回して、トップタイムから2.624秒差の28番手だった。

「グッドなテストとなった。僕にとっては全てが初めてのことだから、バイクをはじめ、チームからタイヤまで、全てがどのように機能するかを理解することから始めた。最初のコースインから良い感じがあり、KTMを楽しむことができた。チームは僕に快適さをもたらせようと助けてくれ、素晴らしい仕事をしてくれた。」

「最終日も良かった。1番手で雨のセッションを終われたことは良かった。次の目標はドライで1番手になること。ライディングポジションの仕事に取り組み、コーナーの進入を改善する必要がある。来年まで待たなければいけないけど、次ぎのテストが楽しみだ」と、初テストに感想を語り、課題を説明した。

ビデオパス』では、11月28日から2日間、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催される最高峰クラスのオフィシャルテストからアフター・ザ・フラッグを生中継とオンデマンドで配信。