Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Dynavolt Intact GP

中量級に復帰したルティ「来年がとても楽しみ」

1年間の最高峰クラス参戦を経験したクラス最年長のスイス人ライダーが電子制御の調整に集中。

ダイナボルト・インタクト・GPから1年間の最高峰クラス参戦を経て、中量級に復帰する32歳のスイス人ライダー、トーマス・ルティは、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催されたオフィシャルテストに参加。ホンダRC213Vからトライアンフ製の765ccエンジンを搭載したカレックスに乗り換え、3日間で106ラップを周回。トップタイムから0.837秒差の12番手に進出した。

「最終日に雨の中で走れたのは良かった。メインは電子制御の理解。エンジンブレーキもテーマの1つ。ドライでの走行でトルクが非常にアグレッシブだったから、懸案を抱いたけど、電子制御を調整したおかげで、雨の中で本当にスムーズな走りができた。パワーカーブとディベロップメントを上手く調整することができる。これは興味深いけど、プッシュなしで必要なリスクを冒さないラップのようだった。最後にもう少し試してみたけど、もう少し調整する必要があるだろう。」

「全体的に、この3日間に満足。望んでいたように多くの周回数を重ねることができなかったのは残念だけど、この短い時間で沢山のことに取り組んだ。チームと一緒に良い仕事をして楽しかった。来年がとても楽しみ」と、初テストを総括した。

ビデオパス』では、11月28日から2日間、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催される最高峰クラスのオフィシャルテストからアフター・ザ・フラッグを生中継とオンデマンドで配信。