Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Ducati Team

テスト計画を完了したドビツィオーソ「重要な一歩だ」

初日に転倒を喫したが、事前に計画していた全てのテストプログラムを無事に終了。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、8番グリッドから接触転倒が原因でリタイアを喫した第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで実施された2日間のオフィシャルテストに参加。

1日目は転倒を喫して左手を強打したが、53ラップを周回して2番手。2日目は、7度のコースインで44ラップを周回すると、1分39秒台を11回、1分38秒台を5回記録して、トップタイムから0.347秒差の8番手。初日のタイムで総合7番手に進出した。

「体調は大丈夫。手も問題がなかったから、冬の間に新しいマテリアルを決定する非常に重要なテストプログラムを全て完了することができた。初日と比較して全ての違いをより理解することができ、グッドなフィードバックを提供して、テストを終わらせることができた。そのことが嬉しい。」

「僕たちは初めて年内最後のテストでニューマシンを投入することができた。これは重要な一歩だ。スピードはグッド。僕たちの仕事が嬉しい」と、2日間で97ラップを周回後、来季に向けて前進したことを説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

ドビツイオーソ「明確なアイデアを持って帰国しよう」