Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Team Suzuki Ecstar

開発の重要な役割を担うリンス「非常に戦闘的なバイクだ」

スズキが準備したニューシャーシとニューエンジンのテストプログラムに着手。

チーム・スズキ・エクスターから連続参戦するアレックス・リンスは、6番グリッドから転倒リタイアを喫した第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで実施された2日間のオフィシャルテストに参加。

1日目は最多の87ラップを周回して13番手。2日目は、9度のコースインで63ラップを周回すると、1分39秒台を17回、1分38秒台を7回記録して、トップタイムから0.577秒差の10番手、総合10番手に進出した。

「新しいシャーシ、新しいエンジン、沢山の比較など全てを試したから、この2日間は大変ポジティブだった。初日はシャーシ、2日目はエンジンに集中。18年型のシャーシに新しいスペックのエンジンを載せて走り始め、エンジニアたちの提案を全て試してみた。」

「とても良かった。まだ終了していないけど、エンジニアたちは仕事を続けていけるだろう。僕たちは懸命に働き、非常に戦闘的なバイクに仕上がっていると手応えを感じる」と、スズキの開発作業が順調に進んでいることを強調した。