Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

シェイクダウンテストにKTM&アプリリアが参加

コンセンション(優遇処置)を受ける2メーカー、3チームがテストライダーたちに合流。

最高峰クラスに参戦するファクトリーは、6日からのオフィシャルテストを控え、1日からセパン・インターナショナル・サーキットで3日間のシェイクダウンテストを実施。各メーカーのテストライダーたちとコンセンションの優遇処置を受けるKTMとアプリリアのチームが参加した。

HRCのステファン・ブラドル、ドゥカティのミケーレ・ピロ、ヤマハのジョナス・フォルガー中須賀克行、スズキのシルバン・ギュントーリ津田拓也、KTMのミカ・カリオ、アプリリアのブラッドリー・スミスがテストプログラムを開始。

KTMは、レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングのポル・エスパルガロヨハン・ザルコ、レッドブル・KTM・テック3のハフィス・シャリンミゲール・オリベイラが2日目から合流。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロも3日目から合流したが、アンドレア・イアンノーネは歯の問題から走行を見送った。

スズキは、イギリス選手権に参戦する21歳のイギリス人ライダー、ブラッドリー・レイが3日目に初めてプロトタイプマシンを試乗した。

6メーカーのテストライダーたちは、当地に滞在し、6日からのオフィシャルテストに参加を予定している。

当サイトの『ビデオパス』では、6日から3日間、セパン・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストのビデオコンテンツを提供。『アフター・ザ・フラッグ』を現地から連日生中継で配信。