Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

新車を試乗したエスパルガロ兄「19年型は全てが向上」

アプリリアが準備したプロトタイプマシンを好評。課題はパワーと電子制御。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロは、昨年12番グリッドから11位だったマレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットに戻って来て、コンセンションの優遇を利用してシェイクダウンテストに参加。

オフィシャルテスト1日目は、誰よりも早く、先陣を切ってトラックに飛び出し、テストプログラムをスタートさせると、55ラップを周回。トップタイムから0.981秒差の13番手だった。

「今回も嘗てないほどに準備が整っていると感じる。19年型のバイクで非常に沢山の距離を走り込んだ。昨年よりも良い。自分が作り出した17年型よりも優れている印象を受けた。まるで兄貴分のようなバイクだ。」

「トップ10に入れなかったから、ハッピーという言葉は相応しくない。まだ十分ではない。さらに追及しなければいけないけど、19年型は全てが向上している。そのことは明白だ。軽くて、スリムで、ブレーキングは大きく改良され、素晴らしい安定感がある。不足しているのはパワーと電子制御だ」と、新車の第一印象を語り、課題を説明した。

Ver esta publicación en Instagram

Looking for traction. // Buscando traccion. #SepangTest #Day1

Una publicación compartida de Aleix 41 (@aleixespargaro) el

ビデオパス』では、開幕戦カタールGPのプレスカンファレンスから生中継とオンデマンドを配信。