Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

2番手維持のリンス「大きな変更を試す必要はない」

2日目に新しいフロントカウルをテスト。荷重と接地時間を稼ぐことに成功。

チーム・スズキ・エクスターのアレックス・リンスは、オフィシャルテスト1日目に2番手だった後、2日目は2日間連続して61ラップを周回すると、2分00秒台を23回、1分59秒台を5回記録。トップタイムから0.527秒差の2番手を維持した。

「僕たちは11月に走ったときと比較して良くなった。1秒速くなったとは言わないけど、重要なコンマ数秒を稼ぎ、20~25ラップを周回したタイヤでのペースは信じられないほど速い。」

「新しいフェアリングを試した。フロントに荷重を与えてくれ、ウィリーが減り、フロントタイヤの接地時間が長くなったから、僕たちはストレートで一番速かった。その上、コーナーに素早く進入するための自信を与えてくれる。」

「明日は新しいシャーシを試す。現行型の改良で、もう少し速く走れることを期待するけど、大きな変更を試す必要はない。少しの調整だけで、情報と一貫性を与えてくれる」と、確実にGSX-RRの戦闘力が高くなっていることを説明した。

ビデオパス』では、開幕戦カタールGPのプレスカンファレンスから生中継とオンデマンドを配信。