Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

3番手進出のビニャーレス「バイクはまだ少しアグレッシブ」

初日に最多の63ラップを周回して、2分00秒台を最多の19回記録。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、昨年11番グリッドから4位でフィニッシュしたマレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで今年最初のオフィシャルテストに参加。1日目は最多の63ラップを周回すると、2分00秒台を最多の19回、1分59秒台を1回記録して、トップタイムから0.316秒差の3番手に進出。

「初日は10点中6点で合格。もう一度バイクに乗れ、ヘレスのような快適さを感じられたことが嬉しい。これはポジティブだ。2か月間バイクに乗っていなかったから、快適さを感じられることは良いこと。」

「(エンジンブレーキの)大きな変更を期待していたけど、ヘレスと同じような印象を受けた。改良にトライすることが必要で、今あるものに適応しなければいけない。ブレーキングでまだ快適さがない。一定しておらず、効き方がコーナー毎に違ってしまう。進歩させだけで、解決となる。バイクはまだ少しアグレッシブだから、2日目が重要な1日となるだろう」と、初日を振り返り、昨季終盤に課題の一つに挙げていたエンジンブレーキに関して説明した。

ビデオパス』では、開幕戦カタールGPのプレスカンファレンスから生中継とオンデマンドを配信。