Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Repsol Honda Team

8番手に後退したマルケス「正確な走りができない」

初日29ラップで1番手、2日目は37ラップを周回して8番手、総合8番手に後退。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、オフィシャルテスト1日目に29ラップを周回して1番手。2日目は6度のコースインで37ラップを周回すると、2分00秒台を15回、1分59秒台を1回記録して、トップタイムから0.893秒差の8番手。初日のタイムで総合6番手に後退した。

「2日目は1日目と同じぐらい走り、ホンダにとって最も重要な幾つか新しいことを試した。グッドなスタートだったけど、肩の状態が悪くなり始め、明日のことを考えて、ストップした。」

「思うように正確な走りができない。僕はブレーキングが遅く、強いけど、それができない。いつものブレーキングポイントより早く、スイートにかけなければいけない。バイクに関しては、主にコーナーの出口に関して集中したけど、このトラックはグリップが時々変ってしまう」と、2日目のテスト内容を説明し、左肩の状態が良くないことを明かした。

ビデオパス』では、開幕戦カタールGPのプレスカンファレンスから生中継とオンデマンドを配信。