Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Mission Winnow Ducati

2年連続総合4番手のドビツィオーソ「仕事を続けよう」

最終日に新型フェアリングをテスト。2週間後にカタールでテストプログラムを継続。

ミッション・ウィナウ・ドゥカティのアンドレア・ドビツィオーソは、セパン・インターナショナル・サーキットで開催されたオフィシャルテストの3日目、最終日に7度のコースインで32ラップを周回。2分00秒台を4回、1分59秒台を4回、1分58秒台を1回記録して、トップタイムから0.299秒差の4番手、総合4番手で終了した。

「今回の3日間に満足。今年は開幕戦まで2度のテストしかないことから、今日は限界までプッシュすることが重要だった。ロングランで一貫した走りができた後、グッドなラップタイムをマークした。」

「複数のドゥカティが上位に進出したことで、グッドなベースがあることを確認した。新しいフェアリングを使用。テストはポジティブだったけど、結論を出すには早い。まだ、やるべき仕事があるけど、情報を収集した。改良に向けて仕事を続けよう」と、3日目と3日間のテストを評価した。

オフィシャルテスト~アンドレア・ドビツィオーソ
1日目:2分00秒197(49ラップ/8番手)
2日目:1分59秒562(60ラップ/4番手)
3日目:1分58秒538(32ラップ/ 番手)

オフィシャルテスト~トップタイム
1日目:1分59秒621(マルク・マルケス)
2日目:1分58秒897(マーベリック・ビニャーレス)
3日目:1分58秒239(ダニロ・ペトルッチ)

サーキットレコードラップ:2分00秒606(15年/ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ:1分59秒053(15年/ダニ・ペドロサ)
オフィシャルテストベストラップ:1分58秒830(18年/ホルヘ・ロレンソ)

ビデオパス』では、2月23日からロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストのビデオコンテンツを提供。