Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Petronas Yamaha SRT

新車のテストを開始したモルビデッリ「昨年試したバイクに似ている」

ヤマハから供給されたファクトリーライダーたちと同じバイクに乗り込み、総合8番手に進出。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームのフランコ・モルビデッリは、チームのホームサーキット、セパン・インターナショナル・サーキットで開催された今年最初のオフィシャルテストでヤマハから供給された新車のテストを開始。

「18年に試したバイクに似ている」と、第一印象を語ると、2日目に1コーナーで転倒を喫したがテストを継続。

3日目、最終日はフロントエンドのセットアップを中心に13度のコースインで66ラップを周回すると、2分00秒台を17回、1分59秒台を4回記録して、トップタイムから0.902秒差の8番手、総合8番手でテストを終了した。

「最終日は本当に良かった。2日目終了後に設定したテストプログラムを完了させ、僕たちのペースとトップスピードが良くなった。テスト項目が沢山あったから、レースシミュレーションを実行できなかったけど、次回のカタールでトライしよう。」

「初めてグッドなタイムアタックを実現できた。非常に柔らかいソフトコンパウンドを含め、異なるタイヤのテストにも取り組み、有効なデータを収集した。上位陣にもっと接近したいから、やるべき仕事がまだ沢山あるけど、正しい方向に進んでいる。この調子を維持するために懸命に働こう」と、手応えのテストとなったことを説明した。

オフィシャルテスト~フランコ・モルビデッリ
1日目:2分00秒460(60ラップ/12番手)
2日目:2分00秒151(58ラップ/15番手)
3日目:1分59秒141(66ラップ/8番手)

オフィシャルテスト~トップタイム
1日目:1分59秒621(マルク・マルケス)
2日目:1分58秒897(マーベリック・ビニャーレス)
3日目:1分58秒239(ダニロ・ペトルッチ)

サーキットベストラップ:1分59秒053(15年/ダニ・ペドロサ)
オフィシャルテストベストラップ:1分58秒830(18年/ホルヘ・ロレンソ)

ビデオパス』では、2月23日からロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストのビデオコンテンツを提供。