Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

5日間のテストを実施したザルコ「フィーリングとコントロールが向上」

新天地KTMからシェイクダウンテストとオフィシャルテストに参加して、順応作業に集中。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングのヨハン・ザルコは、昨年ポールポジションから3位表彰台を獲得したセパン・インターナショナル・サーキットを訪れ、シェイクダウンテストの2日目からテストプログラムを開始。

オフィシャルテスト3日目、最終日は7度のコースインで44ラップを周回すると、2分00秒台を5回、1分59秒台を5回記録して、トップタイムから1.401秒差の17番手、総合17番手で終了した。

「最終日の午前中に更なる前進を続けようとトライしたけど、他のライダーたちがあんなに速くなるとは思わなかった!すごかった。僕は2分00秒以内で周回できたことが嬉しい。自分たちの仕事が満足だけど、まだやるべき仕事が沢山ある。」

「全体的にこの5日間を通じてバイクのフィーリングとコントロールが向上した。ロサイルで何ができるか見てみよう。カタールでマレーシアよりも素早く順応できるか確認したい。ラップタイムは期待以上に良かった。僕たちが計画して地点に到達した」と、最終日を振り返り、5日間のテストを評価した。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングは、12日にオーストリアでチーム発表会を実施する。

オフィシャルテスト~ヨハン・ザルコ
1日目:2分01秒121(61ラップ/20番手)
2日目:1分59秒973(58ラップ/11番手)
3日目:1分59秒640(44ラップ/17番手)

オフィシャルテスト~トップタイム
1日目:1分59秒621(マルク・マルケス)
2日目:1分58秒897(マーベリック・ビニャーレス)
3日目:1分58秒239(ダニロ・ペトルッチ)

サーキットレコードラップ:2分00秒606(15年/ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ:1分59秒053(15年/ダニ・ペドロサ)
オフィシャルテストベストラップ:1分58秒830(18年/ホルヘ・ロレンソ)

ビデオパス』では、2月23日からロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストのビデオコンテンツを提供。

推奨記事