Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Reale Avintia Racing

デスモセディチGP18を駆けるアブラハム「グッドなタイムだ」

バレンシアで総合22番手、ヘレスで総合18番手、セパンで総合20番手。

レアーレ・アビンティア・レーシングのカレル・アブラハムは、昨年電子制御の問題が発生してバイクが止まってしまった第18戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットを訪れ、今年最初のオフィシャルテストに参加。

昨年11月のオフィシャルテストで始めたテストプログラムを継続すると、3日目、最終日には7度のコースインで36ラップを周回。2分01秒台を8回、2分00秒台を3回記録し、トップタイムから2.139秒差の20番手、総合20番手でテストを終了。

「大きな前進を果たした。フロント、リア共に沢山のタイヤテストを実施。最終日には、2分00秒3をマーク。非常にグッドなラップタイムだ。順位も上昇したけど、バイクの限界を追求する仕事を継続しなければいけない。次回のテストも懸命に働こう」と、テストを総括した。

オフィシャルテスト~カレル・アブラハム
1日目:2分01秒627(45ラップ/24番手)
2日目:2分01秒245(56ラップ/22番手)
3日目:2分00秒378(36ラップ/20番手)

オフィシャルテスト~トップタイム
1日目:1分59秒621(マルク・マルケス)
2日目:1分58秒897(マーベリック・ビニャーレス)
3日目:1分58秒239(ダニロ・ペトルッチ)

サーキットレコードラップ:2分00秒606(15年/ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ:1分59秒053(15年/ダニ・ペドロサ)
オフィシャルテストベストラップ:1分58秒830(18年/ホルヘ・ロレンソ)

ビデオパス』では、2月23日からロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストのビデオコンテンツを提供。