Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Red Bull KTM Tech3

テック3・レーシングがカラーリングを初公開

4人のヤングライダー、シャリン、オリベイラ、ベツェッキ、エッテルがブルー、シルバ、オレンジを基調としたKTMのカラーリングを紹介。

テック3・レーシングは12日、KTMの本社があるオーストリア・マッティヒホーフェン市内のシティーホールでレッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング、レッドブル・KTM・アジョと共同でチーム発表会を実施。KTMとの間で19年から3年間の技術提携を結び、オーストリアのエナジードリンク、レッドブルの支援を受け、レッドブル・KTM・テック3として19年シーズンに参戦。

起用2年目となる24歳のマレーシア人ライダー、ハフィス・シャリンと中量級で総合2位を獲得した24歳のポルトガル人ライダー、ミゲール・オリベイラがKTMから供給されるプロトタイプマシン、RC16のカラーリングを初披露した。

最高峰クラス2年目を迎えるシャリンは、「新しいカラーリングは本当にエキサイティングだ。他車とは全く違う。僕たちはサーキットで最も際立つ色のチームとなるだろう。このバイクでトラックに飛び出す日が待ち遠しい。照明の下で最も輝くだろう。この外見が本当に嬉しい。シーズンのスタートが待ち切れない」と、カラーリングを絶賛。

KTMと直接契約を結び、最高峰クラスに昇格するオリベイラは、「新しいカラーリングがとても嬉しい。バイクはアメージングだ。外見はシンプルに素晴らしい。僕たちが慣れ親しんできた色とは全く違う。KTMとレッドブルがタッグを組んだナイスなプロジェクト。2つのファクトリーチームがグリッドに並ぶことは大変ユニークなことで、KTMがこのクラスとロードレース全体を支配しようとしていることは明白。このプロジェクトの一員として参加できることが本当に光栄で、特権に感じる」と感激。

軽量級から揃って昇格する20歳のイタリア人ライダー、マルコ・ベツェッキと22歳のドイツ人ライダー、フィリップ・エッテルは、KTM・RC250GPのカラーリングを公開した。

最高峰クラスに参戦するシャリンとオリベイラは、今月23日から開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される今年2度目のオフィシャルテストに参加。中量級にデビューするベツェッキとエッテルは、20日から第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキット-アンヘル・ニエトで実施される今年最初のオフィシャルテストからシーズンに向けて本格的な準備を開始する。

ビデオパス』では、最高峰と軽中量級のオフィシャルテストからビデオコンテンツを提供。