Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

総合12番手に進出したミル「ポテンシャルがある。期待以上だ」

デビュー前に連続17ラップのロングランを実行し、プレシーズンの全日程を終了。

チーム・スズキ・エクスターのジョアン・ミルは、オフィシャルテスト3日目に5度のコースインで38ラップを周回。1分55秒台を4回、1分54秒台を1回記録して、トップタイムから0.789秒差の12番手。3日間で138ラップを周回して総合12番手。

19時25分からは、連続17ラップのロングランを実行し、1分56秒台を15回、1分55秒台を2回記録した。

「スズキとテストが嬉しい。最終日にバイクの上での自信が高まった。僕たちはポテンシャルがある。ペースは上位陣に近い。コンマ2、3秒差だ。スピードは良い。」

「僕たちは段階を踏んで上位陣に接近している。フライングラップに関しては改善の余地があり、コーナーの進入でもう少し自信を持ちたい。リアは良い感じがあるから、フロントを改善したい。目標は学習を続けること。満足感を得てレースを走り終えたい。僕は期待以上に良い」と、最終日を振り返り、デビューシーズンの課題と目標を説明した。

オフィシャルテスト
1日目:1分56秒264 (52ラップ/11番手)
2日目:1分55秒280 (48ラップ/11番手)
3日目:1分54秒997 (38ラップ/12番手)

19年オフィシャルテストベストラップ:1分54秒208
サーキットレコードラップ:1分54秒927(16年/ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ:1分53秒680(16年/ヨハン・ザルコ)
オフィシャルテストベストラップ:1分54秒029(18年/ヨハン・ザルコ)