Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

スズキからデビューするミル「学習と向上が最優先課題」

1年間の中量級を経て最高峰クラスへの準備を始めたテストでは、14番手、15番手、15番手、12番手に進出。

チーム・スズキ・エクスターのジョアン・ミルは、軽量級のチャンピオンを輝いた2年目の17年に優勝、中量級のデビュー戦となった18年に24番グリッドから11位まで挽回したロサイル・インターナショナル・サーキットで最高峰クラスのデビュー戦を迎える。

「グッドなテストを実施した後で早くシーズンを始めたい。僕たちは準備ができていると思う。シーズンに対する最大の期待は、可能な限り学習を続け、上位陣とのギャップを詰めて行くこと。学習と向上が絶対的な最優先課題。これらが上位陣に接近する最良の手段でもある。」

「経験豊富なライダーたちと一緒にレースをすることは大変興味深い。ロサイルのレイアウトに自信がある。GSX-RRは冬の間に一貫して改良され、2週間前のテストではバイクの上で楽しみ、僕自身を向上させることができ、戦闘的になれたから、ポジティブな週末になるだろう。大きな期待感がある」と、デビュー戦の期待とルーキーシーズンの目標を説明した。

オフィシャルウェブサイトの『ビデオパス』では、開幕戦カタールGPから最終戦バレンシアGPまで、全セッション&全決勝レースを完全生中継配信。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。