Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

1番手から17番に後退したロッシ「僕は遅かった」

15年ぶりとなる開幕戦1番手発進を決めた後、フリー走行2は1.7秒遅れの17番手。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、最高峰クラス20年目のスタートとなった開幕戦カタールGPのフリー走行1で、昨年8月の第10戦チェコGPのフリー走行3以来となる1番時計。

ホンダ車からヤマハ車に乗り換えた04年以来15年ぶりとなる1番手発進を決めた後、フリー走行2はトップタイムから1.757秒差の17番手、初日総合16番手に後退した。

「ストレンジな1日だった。もしかしたら、午後はそれほど良くなかったかもしれないけど、夜はそれほど悪くなかったのも確かだ。正直、バイクをあまり調整しなかったけど、フロントタイヤに大きな問題があった。バランスを失ってしまい、すごく苦しんだ。僕は遅かった。」

「トラックは大きなグリップがあるから、多くのトップライダーたちがラップタイムを伸ばした。ベストラップは新記録だから非常に速かったけど、僕にとっては難しいプラクティスになってしまったのは不運。現時点で公式予選2進出していないのは大きな問題。明日のフリー走行3は、ベストラップを伸ばすのは、もしかしたら、難しいコンディションになってしまうかもしれない。公式予選2に直接進出するのは難しいだろう。速く走れる手段を見つけなければいけない」と、出だしにつまずいた初日を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

ロッシ「ストレンジな1日だった」

オフィシャルウェブサイトの『ビデオパス』では、開幕戦カタールGPから最終戦バレンシアGPまで、全セッション&全決勝レースを完全生中継配信。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。