Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Red Bull KTM Tech 3

最後尾スタートのオリベイラ「影響はなかった」

ウォームアップランの直前にエンジンをストールさせたが、終盤までKTM勢の最高位を快走。

レッドブル・KTM・テック3のミゲール・オリベイラは、最高峰クラスのデビュー戦となった開幕戦カタールGPの決勝レースで、6列目17番グリッドからスタートする予定だったが、ウォームアップランの直前にエンジンがストール。

素早くエンジンを始動できたおかげで、ピットレーン出口のシグナルが赤信号に変わる寸前にコースに戻ることができ、グリッドの最後尾に位置。1ラップ目は15番手、5ラップ目にはKTM勢の最高位となる13番手に浮上。終盤にポジションを落としたが、優勝者から16.377秒差、KTMのトップから3.603秒差の17位で完走を果たした。

「非常に興味深いレースとなった。グリッド上でエンジンが止まってしまったから、ピットレーンに戻り、バイクをリスタートさせ、最後尾からのスタートを強いられたけど、僕たちのレースに全く影響はなかった。」

「グッドなスタートが切れ、グッドな1ラップ目だった。アレイシ・エスパルガロと中上貴晶が形成する小さなグループを追いかけたけど、ラスト7、8ラップのところでリアタイヤの大きなドロップを感じ、振動と共にスライドが大きくなった。」

「当然、その状況の中でできることはあまりなかった。もし、問題が発生しなければ、ポイント圏内でフィニッシュできたから残念。マネージメントは非常に難しいけど、完走できたことを嬉しく思う。とても楽しかったし、情報を収集した。次戦が楽しみだ」と、最後尾から巻き返したデビュー戦を振り返った。

オフィシャルウェブサイトの『ビデオパス』では、開幕戦カタールGPから最終戦バレンシアGPまで、全セッション&全決勝レースを完全生中継配信。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。