Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By motogp.com

テクニカルディレクター「タイヤ冷却のデバイスです」

ドゥカティ車に搭載されたデバイスの使用許可を与えた責任者がその理由を説明。

テクニカルディレクターのダニー・オルドリッジは、第2戦アルゼンチンGPフリー走行1の際に国際中継のインタビューに応え、MotoGP控訴裁判所まで抗議されたドゥカティ車のエアロダイナミックデバイスに関して、使用許可を与えた経緯と理由を説明した。

「非常にシンプルなことです。我々はマニュファクチャアが施行すべきガイドラインがあります。これはルールブックの付録であり、エアロボディなどの特定の状況を明確にする必要があると考えられる際に更新されます。」

「開幕戦前の3月上旬に添付ファイルとして、スイングアームに許可されるデバイスに関して、ガイドラインを更新しました。ガインドラインでは使用の可否が定義されています。使用が許可されるアイテムは、リアタイヤの冷却と水分散です。後者はヤマハが使用しました。」

「ドゥカティはカタールで私のところを訪ね、『このデバイスの主要な目的はリアタイヤの冷却を助けるためで、問題があると考えている』と説明しました。私へのデモストレーションを実施した後、検証しました。私の意見は、彼らが発言したように、主要な目的はリアタイヤの冷却です。」

「この時点から、他のマニュファクチャアは、正当ではないと感じ始めました。彼らが所有する情報により、より多くのダウンフォースを得るためのデバイスであり、それはガイドラインでは許可されないという意見でした。これが抗議の理由であり、抗議は拒否され、ドゥカティが宣言したようにタイヤを冷却するという私の規則に対する解釈が正しく、私を支持しました。」

「私が唯一発言できることは、マニュファクチャアが私のところに持って来る新しいデバイスは承認されなければいけない、ということです」と、これまでの経緯と判断を説明した。

ビデオパス』では、第2戦アルゼンチンGPのフリー走行2から決勝レース後の共同会見まで完全生中継。時差で見逃してもオンデマンドで見放題。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。