Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Repsol Honda Team

昨年の戦略を実行したマルケス「タイムもポールも予選も忘れる」

最後のコースインでタイヤを履き替えず、最速ペースで周回を刻んで初日は総合8番手。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第2戦アルゼンチンGPのフリー走行1で昨年11月の最終戦バレンシアGP以来となる1番手発進。フリー走行2は、3度のコースインで19ラップを周回すると1分39秒台を最多の11回記録し、トップタイムから0.316秒差の8番手に後退した。

「ペースは今のところ良いけど、まだ金曜日。明日はトラックコンディションが良くなるから、全てがよりコンパクトになるだろう。グリップが低いとき、上手く適応する。これが僕のストロングポントの1つだけど、時間の経過と共に全てがイコールになって来る。午前は大きなアドバンテージがあったけど、午後にはその差が縮まった。」

「理想的な戦略は18年。金曜はレースに向けて仕事をする。ラップタイムもポールポジションも予選も忘れて、日曜に向けて集中すること。気象状況によって、金曜にグッドなポジションを確保しなければいけないときもあるけど、そうでなければ、5番手でも6番手でも構わない」と、22名中唯一タイムアタックを実行しなかった初日を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルケス「18年の戦略を実行した」

ビデオパス』では、第2戦アルゼンチンGPの公式予選と決勝レースを完全生中継。時差で見逃してもオンデマンドで見放題。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。