Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Repsol Honda Team

全力疾走したマルケス「チェーンが外れてしまった」

エアバックが開き、チェーンが外れ、ミスを犯したが、今季最初のポールポジションを奪取。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第2戦アルゼンチンGPのフリー走行3で1番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2ラップ目にテクニカルトラブルに見舞われてマシン乗り換えを強いられたが1分39秒台を4回記録して1番手。

公式予選2では、週末4度目、今季6度目の最速時計を刻み、昨年10月の第17戦オーストラリアGP以来4戦ぶり、アウトドロモ・テルマス・デ・リオ・オンドで17年以来2年ぶり5度目、最高峰クラスで53度目、キャリア通算81度目となるポールポジションを奪取した。

「公式予選2ではポールポジションに向けて闘い、全力を尽くすことに集中した。2本目のタイヤを履いた時に小さなミスを犯してしまったから、アタックを中断して、ボックスに戻ることを決断した。3度のアタックを計画していたから、チームは既に準備が整っていた。ベストタイムをマークすることは簡単ではないから嬉しい。」

「昨シーズンの後半からドゥカティは全てのサーキットで強い。ビニャーレス、クラッチロー、ロッシが明日のライダーだ。ペースがあるけど、明日の天候を確認しなければいけない。」

「フリー走行3でエアバックが開いてしまったけど、38.4秒をマークして、1番手に進出した。左肩を動かしたのは収縮させるため。正解な理由は解らないけど、チェーンが外れてしまい、予定していた計画の変更を強いられたけど、チームは素晴らしい仕事をしてくれた」と、ハプニングを克服してポールポジションを獲得した2日目を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルケス「2つ、3つの戦略がある」

ビデオパス』では、第2戦アルゼンチンGPの決勝レースを完全生中継。時差で見逃してもオンデマンドで見放題。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。