Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By motogp.com

23年前にデビューしたロッシ「僕はまだここにいる!」

記念日に通算233回目の表彰台を獲得。優勝とタイトル獲得に向けて挑戦を続ける意志を語る。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、1996年3月31日にシャーアラムで開催された開幕戦マレーシアGPでデビューしてから23年後の第2戦アルゼンチGP決勝レースでキャリア通算233回目の表彰台を獲得。

決勝レース後の共同会見に出席した40歳のイタリア人ライダーは、「デビューから今日が23年目?日曜の朝、当時の映像を見た。面白かったね。映像はまるで白黒テレビのようだった。」

「僕はまだここにいる。好きだから。キャリアの前半は多くのレースを挙げ、多くのタイトルを獲得したけど、若くて強いライバルたちがやって来たから、ある時点から難しくなった。トロフィーを眺めて、栄光にしがみつきたいのか、楽しんでいるからファイトを続けるのか、決断する時期が来る。これが僕の意見だ」と、優勝とタイトル獲得に向けて挑戦を続ける強い意志を語った。

Support for this video player will be discontinued soon.

23周年のロッシ「まるで白黒テレビのようだ」

ビデオパス』では、第2戦アルゼンチンGPの決勝レースをオンデマンドで提供。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。