Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Petronas Yamaha SRT

新人勢最高位のクアルタラロ「今回もベストルーキーだ」

開幕戦ではエンジンをストールさせたが、アンゼンチンで8位、オースティンで7位に進出。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームのファビオ・クアルタラロは、第3戦アメリカズGPの決勝レースで3列目9番グリッドから26.111秒差の7位。前戦アルゼンチンGPの8位を更新し、2戦連続して新人勢の最高位に進出した。

「とてもポジティブなレースとなった。グッドなスタートを切ることができ、グッドな序盤でトップ10を維持することができた。ポル・エスパルガロ、ペトルッチと競り合っているところで、前を走るドビツィオーソとモルビデッリのグループから離されてしまったけど、ペースはとても良かった。終盤の5ラップにスローダウントを強いられたけど、この結果がとても嬉しい。」

「アルゼンチンを上回る結果が嬉しい。再びベストルーキーとなった。それに、ペトルッチの後ろを走って、沢山のことを学んだ。世界のベストライダーたちと一緒に走ることで、僕は学習している。これはとてもポジティブなこと。もっと学習しよう!」と、2戦連続のシングルフィニッシュを達成したレースを振り返った。

オフィシャルウェブサイトの『ビデオパス』では、第3戦アメリカズGPの決勝レースをオンデマンドで配信。