Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By motogp.com

ブラドル&スミスがワイルドカード参戦

ヨーロッパラウンドの緒戦、スペインGPに2人のテストライダーがエントリー。

HRCとアプリリアのテストライダー、ステファン・ブラドルブラッドリー・スミスは、第4戦スペインGPにワイルドカードとして参戦。ファクトリーライダーたちをサポートすると同時に実戦でテストプログラムに着手する。

HRC・チームから今季初参戦する29歳のドイツ人ライダー、ブラドルは1月下旬に当地で開催されたスーパーバイク世界選手権のプライベートテストに参加した後、マレーシアに移動し、シェイクダウンテストとホルヘ・ロレンソの代役としてオフィシャルテストに参加。

テストライダー1年目の昨シーズンは、第10戦チェコGPと第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPにワイルドカードとして参戦していた。

アプリリア・レーシング・チームから開幕戦カタールGPに続き、今季2度目の参戦となる28歳のイギリス人ライダー、スミスは今月17日から2日間、当地でテストを実施。

当初は、第7戦カタルーニャGP、第10戦チェコGP、第14戦チェコGP、最終戦バレンシアGPを含め年間5戦に参戦することを計画していたが、エントりーする『FIM Enel MotoE™ World Cup(FIM エネル MotoE™ワールドカップ)』の開催日程変更に伴い、当地で開催予定だった開幕戦スペイン大会がキャンセルされ、代替にサーキット・リカルド・トルモが指名されたことから、第4戦スペインGPに参戦することになった。

スズキのテストライダー、シルバン・ギュントーリは、昨年に引き続き、第7戦カタルーニャGP、第10戦チェコGP、第16戦日本GPに参戦することを計画すれば、ドゥカティのテストライダー、ミケーレ・ピロは、7年連続して第6戦イタリアGP、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP、最終戦バレンシアGPの3戦に参戦することを予定。KTMは、4台体制となったことから、参戦計画はなく、プライベートテストに専念する。

最高峰クラスのワイルドカードは、各イベントで最大2枠。各メーカーは、年間で最大3戦の参戦が許可されるが、コンセッションの優遇措置を受けるメーカー(KTMとアプリリア)は、年間で最大6戦まで出場が可能。2戦連続のワイルドカードは許可されない。

オフィシャルウェブサイトの『ビデオパス』では、第4戦スペインGPのプレスカンファレンスから決勝レースまでを完全生中継。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。