Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Pramac Racing

転倒リタイアを喫したミラー「ファイトができる感触がなかった」

総合6位から総合7位に後退したが、インディペンデントチームライダー部門の首位を維持。

プラマック・レーシングのジャック・ミラーは、第4戦スペインGPの決勝レースで5列目15番グリッドから2ラップ目に9番手まで浮上。10番手走行中の23ラップ目に今季4度目の転倒を喫した。

「終盤に転倒するのは、いつも残念だから、本当に申し訳ない。この3日間、ヘレスで素晴らしい仕事をしてくれたチームに申し訳ない。表彰台を争うグループに残ろうとしたけど、ファイトができる感触がなかった。さらに強くなって、ルマンに戻ろう」と、開幕以来今季2度目のリタイアを振り返った。

20%割引で提供の『ビデオパス』では、第4戦スペインGPをオンデマンドで配信。次戦フランスGPを完全生中継で提供!