Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By Petronas Yamaha SRT

2番手進出のクアルタラロ「バイクの旋回がすごく良い」

フリー走行2のトップスピード部門で21番手(時速337.9キロ)だったが、自己最高位となる初日総合2番手に進出。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームのファビオ・クアルタラロは、第6戦イタリアGPのフリー走行1で4番手。フリー走行2は、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分48秒台を6回、1分47秒台を最多の4回、1分46秒台を1回記録して、トップタイムから0.046秒差の2番手に進出した。

「信じられないトラックをバイクの上で楽しんでいる。ブレーキングで良い感じがあり、バイクの旋回はすごく良いから、最大限に活かしている。可能な限り速く走れるようにベストを尽くそう。」

「このトラックで楽しく走れているのは、今回が初めて。データを検証する必要があるけど、沢山のライダーたちのタイムが接近しているから、1列目の進出は非常に難しいだろう。明日はレースに向けて、タイヤ選択の仕事を続け、グッドな予選になるようにトライしよう」と、2番手発進を決めた初日を振り返り、2日目の課題を説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

クアルタラロ「1列目の進出は難しいだろう」

20%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第6戦イタリアGPを全セッションノーカットの完全生中継!