Tuenti Movil HP 40

ニュース:

Open more news

P.エスパルガロ、今季4勝目でランク2位が決定

Thursday, 1, January 1970

エンジンが統一されたMoto2クラスにおいて、過去最大となる16秒差の大差で今季4勝目を挙げたエスパルガロは、来季のタイトル獲得に向けて、最終戦から始動することを主張した。 全文を表示 »

P.エスパルガロ:「1%の可能性がある限り闘う」

Thursday, 1, January 1970

ランク2位のエスパルガロが、カタルーニャとミサノのうっ憤を晴らしアタックで今季3勝目。ポイントリーダーに48ポイント差に接近、ランク3位に32ポイント差のアドバンテージを広げた。

P.エスパルガロ、敗因はチャタリング

Thursday, 1, January 1970

第6戦イギリスGP、第9戦イタリアGPに続き、2戦連続3度目の1番時計4連発を記録したが、チャタリングが原因で決勝レースにセッションで刻んだリズムを再現できず、今季3勝目のチャンスを逃した。

第5戦カタルーニャGPMoto2クラスの最終的な判決

Thursday, 1, January 1970

裁定が二転三転した第5戦カタルーニャGPMoto2クラスのアクシデントに関して、国際規律法廷が指名した独立弁護士によるヒアリングが行われた結果、ポンス・40・HP・トゥエンティの控訴申立が退かれ、マルケスの3位が確定した。

P.エスパルガロ、座右の銘で奮い立たせて今季2勝目

Thursday, 1, January 1970

ヘレスでMoto2クラスの初優勝を飾った後、公約通りに右前腕に座右の銘としている『ナバーギブアップ』のタットーを何度も見返し、周囲の雑音を断ち切る高い集中力でフリー走行1から4連続の1番時計。決勝レースではキャリア初のポール・トゥ・フィニッシュを決めた。

P.エスパルガロ、胸の内を明かす

Thursday, 1, January 1970

ホームレースのアクシデントから10日後、エスパルガロは、ミニバイク時代からのライバル、マルケスに対して、同じトラックでレースができる喜びを明かした。

P.エスパルガロ、完走優先でポイントリーダーに初浮上

Thursday, 1, January 1970

プレシーズンから好調のエスパルガロが、開幕から3戦連続の表彰台を獲得した後、完走してポイントを稼ぐために我慢の走りに徹して、ランク1位に飛び出した。

P.エスパルガロ、3戦連続の表彰台でランク2位を堅固

Thursday, 1, January 1970

中量級にデビューした昨季は順応に苦しんだエスパルガロ弟だったが、2年目の今季は開幕から3戦連続の表彰台を連取。2戦連続して優勝争いを展開した。

P.エストガロ、リスクを覚悟した決断で中量級初優勝

Thursday, 1, January 1970

雨が降り始めたとき、リスクを覚悟した勇敢な決断が功を奏して、地元ヘレスでMoto2クラスの初優勝を飾ったエスパルガロが、ランク2位に浮上。目標のタイトル獲得に向けて、大きく前進した。

エスパルガロ&ラバットが新天地で3・4位を獲得

Thursday, 1, January 1970

2006年にスペイン選手権125ccクラスでタイトル争いを展開した2人が、6年後にチームメイトとしてボックスをシェアすると、クリーンなバトルで優勝争いから3位表彰台争いを繰り広げた。

more news »

Advertising