LCR Honda MotoGP

ニュース:

Open more news

S.ブラドル、日本GP出場OK

Thursday, 1, January 1970

セパンで右足首を骨折したブラドルが、集中的なリハビリを実行。骨折、手術から12日後、メディカルチェックを受けた結果、十分に回復していることから、参戦への許可が与えられた。 全文を表示 »

S.ブラドル、欠場を決断して日本GPでの復帰を目指す

Thursday, 1, January 1970

6日前に前戦で骨折した右足首を手術したブラドルが、フリー走行1に挑戦。11ラップを周回したが、力が入らず、激しい痛みをもたらすことから、再度メディカルチェックを受けて欠場を決断。次戦日本GPでの復帰を目指す。

右足首骨折のS.ブラドルがフリー走行1に参戦

Thursday, 1, January 1970

前戦の2日目に捲れあがった人工芝にぶつかって右足首を骨折したブラドルが、手術から5日後、メディカルチェックを受けた結果、医師団からフリー走行1に参戦する許可が下った。

S.ブラドル、クアラルンプールで右足首を手術

Thursday, 1, January 1970

今季11度目の転倒で右足首を骨折したブラドルが、サーキット近郊の病院で手術。無事に成功して、来週月曜からクリニカ・モービルの物理療法士の指導の下、次戦オーストラリアGPの参戦に向けて、リハビリを開始する。

S.ブラドルが右足首骨折も次戦を視野に手術

Thursday, 1, January 1970

今季11度目の転倒を喫したブラドルが、右足首を骨折。2週間の日本GPだけでなく、来週末の次戦オーストラリアGPを視野に入れて、手術を受けることを決断。メディカル・チームとクリニカ・モービルの医師たちが帯同する。

ホンダサテライトの両雄、バウティスタ‐ブラドルが表彰台争い

Thursday, 1, January 1970

6月のプライベートテストを実施したモーターランド・アラゴンに戻って来たホンダサテライトのバウティスタとブラドルが、3位表彰台争いを展開。僅少さでトップ3進出を逃したが、存在感をアピールし、今後につながる内容となった。

S.ブラドルは連続転倒が影響して7番手

Thursday, 1, January 1970

初表彰台の獲得と契約延長の締結により、ノリノリでインディアナポリスに乗り込んで来たブラドルが、プラクティスで好走を見せたが、3連続の転倒により、自信を喪失。5年前にキャリア初優勝を挙げたブルノに向けて、気持ちを切り替えることを誓った。

S.ブラドルがホンダのファクトリーサポートライダーとしてLCR・ホンダと契約を延長

Thursday, 1, January 1970

昨年11月にファクトリーサポートが決まっていたブラドルが、後半戦の開幕を前に、HRCと合意し、2014年もLCR・ホンダからの継続参戦することが決定した。

S.ブラドルがドイツの歴史を次々に更新

Thursday, 1, January 1970

最高峰クラス2年目で快走を見せるブラドルが、ラグナセカでドイツ人として初のポールポジションを獲得。決勝レースでは、24年ぶりにドイツ国旗が掲揚された。

S.ブラドルが今季目標の初表彰台を獲得

Thursday, 1, January 1970

初日から好走を見せていたブラドルが、ドイツ人初のポールポジションからレースの主導権を握る快走で自己最高位の2位に進出。今季の目標に挙げていた初表彰台を前半戦最後に達成して、チームに2009年以来となる表彰台をプレゼントした。

more news »

LCR Honda MotoGP Information:

The LCR Honda team is managed by the former 125cc race-winner Lucio Cecchinello, who originally set the team up in 1996 to allow him to compete in grand prix racing. His revolutionary approach to team sponsorship means the bike can be kitted out with a different title sponsor at every round, but the white and black colours still dominate. By focusing on just one rider the team has picked up some impressive results over recent seasons, and last season the former Moto2™ World Champion Stefan Bradl continued that trend, impressing everyone on his way to sealing the Rookie of the Year trophy.

Management

  • Lucio Cecchinello CEO

Stefan Bradl's Crew

  • Cristophe Bourguignon Chief Engineer
  • Brian Harden Data Recording
  • Xavier Casanovas Technician
  • Joan CasasTechnician
  • Christopher Richardson Technician
  • Ugo Gelmi Technician
  • Oscar Haro Team Coordinator

Rider

  • Stefan BradlRider
  • Bike Info
  • Engine 1000cc Liquid-cooled four-stroke DOHC 4 valve V-4
  • Power Over 230 hp
  • Top Speed Over 350 km/h
  • Chassis Aluminium twin-tube
  • Bike Honda RC213V
  •  
  • Suspension
  • Front Telescopic fork (Öhlins)
  • Rear Pro-link (Öhlins)
  •  
  • Brakes
  • Front 320mm Nissin carbon disc
  • Rear Nissin Twin piston calliper, steel disc
  •  
Advertising