Repsol Honda Team

ニュース:

Open more news

M.マルケス:「夢の実現だ!」

Thursday, 1, January 1970

タイトル獲得に王手をかけて、ホームレースに挑戦したマルケスが、ポイントアドバンテージとレース展開をコントロールする走りで、表彰台を獲得。最高峰クラス参戦1年目で歴史的なチャンピオンに輝き、活動を支援してくれた人たちに感謝の気持ちを語った。 全文を表示 »

レプソル・ホンダの両雄が今季5度目の1列目/M.マルケスが今季9度目PP奪取

Thursday, 1, January 1970

3冠奪回に王手をかけたホンダのファクトリーチーム。マルケスが今季9度目のポールポジション、ペドロサが8度目の1列目を獲得して、レプソル・ホンダの両雄がオースティン、ヘレス、インディアナポリス、アラゴンに続いて揃って1列目に進出した。

M.マルケスがBMW・M・アワードを受賞

Thursday, 1, January 1970

参戦1年目のマルケスが、全18戦で最多となる9度のポールポジションを獲得、15戦で1列目に進出したことから、年間予選最速者の称号となるBMW・M・アワードを受賞。ライバルたちを圧倒する速さで、BMW・M社からM6クーペが贈呈された。

レプソル・ホンダが今季6度目の初日総合1‐2番手/M.マルケスは今季6度目の初日総合1番手

Thursday, 1, January 1970

チーム部門に続き、ライダー部門とコンストラクター部門のタイトル獲得を目指すレプソル・ホンダの両雄が、オースティン、ルマン、インディアナポリス、ミサノ、セパンに続き、今季6度目の初日1-2番手発進に成功。史上最年少王者を狙うマルケスが、オースティン、インディアナポリス、ミサノ、ラグナセカ、アラゴンに続き、今季6度目の初日総合1番手に進出した。

タイトルの行方~マルケスが4位以内でチャンピオン

Thursday, 1, January 1970

ランク2位のロレンソに13ポイント差のアドバンテージを持って最終戦バレンシアGPに乗り込むポイントリーダーのマルケス。もし、ロレンソが3戦連続8勝目を挙げた場合、330ポイントに到達することから、4位以内に進出して、13ポイント以上を加算すれば、史上最年少王者に輝く。

レプソル・ホンダ、2年ぶりの3冠奪回に王手

Thursday, 1, January 1970

前戦日本GPで今季11度目のダブル表彰台を獲得して、チーム部門の3連覇を達成したホンダのファクトリーチーム。開幕前に設定した3冠奪回の目標に向けて、ライダー部門とコンストラクター部門で、それぞれ13ポイント差のアドバンテージを持って、バレンシアに乗り込む。

ペドロサ&マルケスがウエルカムプラザ青山で日本GP壮行会

Thursday, 1, January 1970

前戦オーストラリアGPの決勝レースをパブリックビューイングで公開したウエルカムプラザ青山は、今週末の日本GPを直前に控えた中、ペドロサとマルケスを召集。日本GPに向けた壮行会を開催する。

M.マルケスが最高峰1年目で予選最速者の称号を獲得

Thursday, 1, January 1970

予選最速者を決定する『BMW・M・アワード』。最高峰クラス1年目のマルケスが、16戦までに8度のポールポジションを含む13度の1列目を獲得したことから、新人王に続き、2つ目のタイトル獲得に成功。最終戦でBMW・M社からBMW車が副賞として贈呈される。

D.ペドロサ、タイトル争いに踏みとどまる2位進出

Thursday, 1, January 1970

バイク交換が義務付けられたレースの中、誰よりも早くピットインを決断したペドロサが2位に進出。アラゴンでの転倒リタイヤでタイトル獲得が絶望的に思われたが、一気に34ポイント差に接近。2年連続優勝の日本に向けて、可能性を自ら引き寄せた。

M.マルケス、規定の解釈ミスを認める

Thursday, 1, January 1970

史上最年少王者に王手がかかったポイントリーダーのマルケスだったが、10ラップ以内にバイクの交換が義務付けられていたが、11ラップ目にピットイン。規定を無視した行為として失格となり、決勝レースに向けた作戦にミスがあったことを潔く認めた。

more news »

フォトギャラリー:

Open more news
| 10 Nov | Comunitat Valenciana - Ricardo Tormo | Spain

See all photos

Repsol Honda Team Information:

The factory Honda team may have missed out on the riders’ title last year, but still came away with the constructor and team crowns, so will be confident as they look to wrest the title from arch-rivals Yamaha. After the astounding retirement of Casey Stoner, in steps their new protégé Marc Márquez to make his debut alongside Dani Pedrosa, who is in his eighth season at Repsol Honda. The RC213V won more races than any other back in 2012, and so the Spanish duo will hope that this can translate into a championship-winning run.

Management

  • Shuhei Nakamoto HRC Executive Vice President
  • Livio SuppoTeam Principal
  • Hideki IwanoTeam Director
  • Takeo YokoyamaTechnical Director

Dani Pedrosa's Crew

  • Mike LeitnerRace Engineer
  • Christophe LeonceChief Mechanic
  • Jose Manuel Allende Electronics Engineer
  • Ramon Aurin Data Engineer
  • Alberto Puig Advisor
  • Masashi Ogo Mechanic
  • Emanuel BuchnerMechanic
  • Mark Barnett Mechanic
  • John EyreMechanic

Marc Marquez' Crew

  • Santi HernandezRace Engineer
  • Bruno Leoni Chief Mechanic
  • Carlo Luzzi Electronics Engineer
  • Giulio NavaData Engineer
  • Roberto ClericiMechanic
  • Andrea Brunetti Mechanic
  • Carlos Liñan Mechanic
  • Filippo Brunetti Mechanic
  • Bike Info
  • Bike Honda RC213V
  • Engine 1000cc Liquid-cooled four-stroke DOHC 4 valve V-4
  • Power Over 230 hp
  • Top Speed Over 350 km/h
  • Chassis Aluminium twin-tube
  •  
  • Suspension
  • Front Telescopic fork (Öhlins)
  • Rear Pro-link (Öhlins)
  •  
  • Brakes
  • Front Carbon fiber (Brembo)
  • Rear Yutaka steel disk (Brembo)
  •  
Advertising