Tuenti HP 40

ニュース:

Open more news

P.エスパルガロ、日本で初タイトル獲得に王手

Thursday, 1, January 1970

前戦で今季5勝を飾って、ポイントリーダーに返り咲いたエスパルガロは、最大のライバル、レディングが欠場することから、表彰台を獲得すれば、来季の最高峰クラス進出を前に、中量級3年目、フル参戦7年目で、チャンピオンに輝く。 全文を表示 »

P.エスパルガロ、逆転の可能性を呼び戻す逆転優勝

Thursday, 1, January 1970

ポイントリーダーとのギャップが今季最大の38ポイント差に拡大して、タイトル獲得に赤信号が灯ったランク2位のエスパルガロだったが、逆転で今季4勝目を挙げて、23ポイント差に接近。数字上では、残り5戦でライバルの成績に関係なく、5連勝を達成すれば、タイトル獲得となる。

P.エスパルガロ、3戦で24ポイント差まで挽回

Thursday, 1, January 1970

2戦連続3度目のポール・トゥ・フィニッシュを達成して、ザクセンリンクに乗り込んで来たエスパルガロは、プラクティスで優勝を狙えるリズムを掴んだが、終盤にリアタイヤが破損。優勝争いができず、2位争いに敗れたが、今季5度目の表彰台で、ライバルとのポイントギャップを詰めることに成功した。  

P.エスパルガロ、破竹の勢いで30ポイント差まで接近

Thursday, 1, January 1970

オフィシャルテストで好感触を取り戻した後、頭脳的な走りだったと自画自賛したエスパルガロが、2連勝でポイントリーダーとのギャップを詰めることに成功。ラバットは前腕の上がり症状で表彰台を逃した。

P.エスパルガロ、最高峰進出よりルマンに集中

Thursday, 1, January 1970

来季の最高峰クラス進出の最有力候補の1人に挙げられるエスパルガロが、話題となっているヤマハ入りに関して、初タイトル獲得に向けて、週末の4戦目に集中することを強調した。

E.ラバットがキャリア初優勝&ポイントリーダーに浮上

Thursday, 1, January 1970

自己最高位を獲得した勢いに乗って、ホームグランプリに乗り込んだラバットが、キャリア初のポールポジションから自信に満ちた走りで独走。母の日に昨年他界した母に初優勝を捧げた。

ポイントリーダーのエスパルガロが転倒リタイヤ

Thursday, 1, January 1970

開幕戦優勝の勢いに乗って、COTA入りしたエスポルガロだったが、フロントの信頼感不足に悩まされた後、決勝レースではハードクラッシュを喫して、ポイントリーダーからランク6位に後退した。

P.エスパルガロ、タイトル最有力の実力を証明

Thursday, 1, January 1970

最終戦後のオフィシャルテストから4連続の総合1番時計を記録した昨年ランク2位のエスパルガロが、繊細なライディングが要求された中東の舞台で苦戦したが、予選と決勝で強さを証明。2006年にスペイン選手権を争ったカレックスを走らせるライバルたちを抑えて、タイトル獲得に向けて好発進した。

more news »

Advertising