公式予選1: A.ドビツィオーソ インタビュー